【12月1日 AFP】16-17フランス・リーグ1は30日、第15節の試合が行われ、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-GermainPSG)はエディンソン・カヴァーニ(Edinson Cavani)がクラブ通算100得点を達成するなど、アンジェSOC(Angers SOC)に2-0で勝利した。

 PSGは前半34分にチアゴ・シウバ(Thiago Silva)のゴールで先制すると、後半21分にはカヴァーニのPKで追加点を奪い、ギャンガン(En Avant de Guingamp)に1-0で勝利した首位ニース(OGC Nice)との勝ち点1差を維持した。

 ウルグアイ代表の点取り屋カヴァーニは、ハテム・ベン・アルファ(Hatem Ben Arfa)が獲得したPKで今季公式戦19得点目を記録すると、すぐにユニホームを脱ぎ、旅客機の墜落事故で大勢が亡くなったブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセ(Chapecoense)を追悼するメッセージが書かれたシャツを見せた。

 一方、ニースは前半5分にモロッコ代表ユネス・ベランダ(Younes Belhanda)の決めたゴールが決勝点となり、ギャンガンに今季ホーム初黒星をつけた。(c)AFP