トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

オーストラリアで発生の「雷雨ぜんそく」、6人死亡

2016年11月27日 16:48 発信地:シドニー/オーストラリア

このニュースをシェア

オーストラリアで発生の「雷雨ぜんそく」、6人死亡
豪パースに近いコッテスロービーチで撮影された稲妻(2015年11月14日撮影、資料写真)。(c)AFP/GREG WOOD

【11月27日 AFP】オーストラリア南部ビクトリア(Victoria)州で先週、ぜんそくや花粉症患者に深刻な呼吸器系の症状をもたらす「雷雨ぜんそく」が発生し、当局は27日、これまでの死者数が6人になったと発表した。現在も3人が重体だという。

「雷雨ぜんそく」は花粉の飛散量の増大と雷雨が重なって発生するまれな現象で、先週には18歳から35歳までの4人が死亡、8500人以上が病院へ緊急搬送されている。

 これに関してビクトリア州保健当局は27日、「21日の雷雨ぜんそくに関連した病状によるものとみられる死者数は、これまでのところ6人となった」との声明を発表。さらに5人がメルボルン(Melbourne)市内にある病院の集中治療室(ICU)で専門医による治療を受けており、うち3人が重体だと明らかにした。このほかにも12人が呼吸器系などの健康問題のため治療を受けているという。

 今週になって新たに死亡した2人についての詳しい情報は明らかにされていない。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>