【11月28日 AFP】メキシコの先住民「ミシュテカ(Mixtec)」が約800年前に制作したと考えられていたトルコ石のモザイクで装飾された頭蓋骨について、オランダの国立民族学博物館(The National Museum of Ethnology)が26日、調査結果を発表し、偽物だと判明したと明らかにした。

 西部の学園都市ライデン(Leiden)にある同博物館は、世界に20点ほどしか残っていないという装飾頭蓋骨の一つを4年間にわたって徹底調査し、驚くべき真相を突き止めた。

 博物館はウェブサイトで「放射年代測定により頭蓋骨とトルコ石は当時のものであり、本物であることが示された」とした上で、「しかしさらに調査を進めたところ、(トルコ石を頭蓋骨に貼り付けた)接着剤は残念ながら20世紀のものだった」と説明した。

 また日刊紙トラウ(Trouw)は、「何世紀も地中に埋もれていた頭蓋骨としては保存状態が良すぎる」との理由から、歯の部分も偽物だったと伝えた。

 博物館は1963年にこの頭蓋骨を2万ドル(当時の為替で720万円)相当で購入し、古代メソアメリカ(Mesoamerica)の美術品の注目すべき例と位置付けてきた。

 博物館の保存管理担当のマーティン・ベルガー(Martin Berger)氏がトラウ紙に語ったところによると、メキシコの古代遺跡は1940年代~50年代に大規模な略奪の標的になり、ミシュテカの古美術品は高値で取引されていた。こうした事情を背景に、メキシコの歯科医が頭蓋骨の装飾を偽造した可能性が考えられるという。

 これと似た事例に「クリスタル・スカル(水晶のドクロ)」がある。先コロンブス期の中米の遺物としてパリ(Paris)やロンドン(London)、ワシントン(Washington, D.C.)の博物館が所蔵していたが、2008年に科学的調査によって偽物と断定された。(c)AFP