トップ > ニュース > 社会

フェイスブックが検閲機能を開発 中国再参入を視野に 米紙

2016年11月23日 14:52 発信地:サンフランシスコ/米国

このニュースをシェア

フェイスブックが検閲機能を開発 中国再参入を視野に 米紙
中国・北京の上空からの景色をバックにフェイスブックのロゴが映し出されたパソコンの画面(2012年5月16日撮影、資料写真)。(c)AFP/Ed Jones

【11月23日 AFP】交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)が中国市場への再参入を目指して特定の地域でページ上の表示情報を制限できる検閲機能を開発したと、22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が報じた。

 ニューヨーク・タイムズは匿名を条件とした現・元フェイスブック社員3人の話として、この機能は特定の地域でフェイスブックのニュースフィードに表示される情報を選別し排除できるものだと報じた。

 中国では2009年にフェイスブックの利用が禁止されているが、これは共有情報を統制したり、インターネットを利用した組織的な動きを監視したりしたい中国当局の思惑によるものとみられる。

 ニューヨーク・タイムズによると、検閲機能の開発はフェイスブックの創設者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏の後押しを受けたもの。長年、中国語を学んでいるザッカーバーグ氏は訪中した際に共産党幹部らと面会している。

 AFPの問い合わせに対し、フェイスブックの広報担当者は電子メールでの回答で「これまでも言ってきたように、当社は中国に関心を抱いており、中国の状況をよりよく理解し学ぶべく時間を費やしている」としたうえで「中国に対するアプローチについては、まだ何も決定していない」と付け加えた。

 各国の法律を順守する方針をとるフェイスブックは、各国政府の要求に応じて特定の情報を閲覧できなくする対応をとってきた。フェイスブックが公表した直近の透明性リポートによると、昨年後半にフェイスブックがページ上に掲載される情報を制限した国は約20か国にのぼる。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>