トップ > ニュース > 政治

ドゥテルテ比大統領、米軍は「2年以内に撤退を」

2016年10月26日 18:47 発信地:東京

このニュースをシェア

ドゥテルテ比大統領、米軍は「2年以内に撤退を」
1/3
都内で開かれたフィリピン経済フォーラムで講演する同国のロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2016年10月26日撮影)。(c)AFP/KAZUHIRO NOGI

【10月26日 AFP】(写真追加)来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は26日、フィリピン駐留米軍の2年以内の撤退を望んでいると述べ、必要であれば米国との防衛協定を破棄する用意もあると語った。

 ドゥテルテ大統領は、中国と接近する一方で米国を批判する発言を繰り返しており、これらの発言の一部はすぐに撤回されているものの、フィリピンの外交政策を覆す発言を続けている。

 ドゥテルテ大統領は、都内で開かれた経済フォーラムでの講演の中で「今後2年以内に、私の国から外国の軍部隊がいなくなってほしい」と語った。「外国の軍部隊」は、明らかに米軍を指している。

「私は彼ら(外国軍部隊)にいなくなってもらいたいし、行政協定の見直しや破棄が必要ならば、そうするつもりだ」と、ドゥテルテ大統領は続けた。

 米軍はかつてフィリピン国内に複数の基地を設置していたが、現在は、対テロ作戦の支援のために、フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島に小規模な特殊部隊を配置しているのみとなっている。

 ミンダナオ島では分離独立を目指すイスラム武装勢力による数十年に及ぶ武装闘争が続いており、ドゥテルテ大統領は過去にも、ミンダナオ島に米軍が駐留していることが緊張を生んでいるとして、同島から米軍を撤退させたいと表明していた。

 ドゥテルテ大統領は25日から就任以降初めてとなる日本訪問中で、実業界に対し、フィリピンが従来の外交関係を覆した後も、同国が「ビジネスに開かれている」ことを説得しようとしている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>