【10月19日 AFP】米プロバスケットボール(NBA)の新シーズン開幕を前に、各球団のゼネラルマネジャー(GM)に対するアンケート調査の結果が公表され、優勝予想では昨季のファイナルで優勝を逃したゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)が断トツの1位に推された。

 2015年にNBA王者に輝いたウォリアーズだが、昨季はクリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)に3勝4敗で競り負け、ファイナル連覇を逃したが、その苦い経験の後、オクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)からケビン・デュラント(Kevin Durant)を補強した。

 それもあってか、今回の調査では、69パーセントのGMがウォリアーズのタイトル奪還を予想し、レブロン・ジェームズ(LeBron James)擁するキャブスを支持したGMは31パーセントにとどまった。カンファレンス別でも、当然のように、ウォリアーズとキャブスが絶対的な優勝候補と認識されており、それぞれ96.7パーセントのGMが1位に予想した。

 西カンファレンスでは、2番手にサンアントニオ・スパーズ(San Antonio Spurs)、3番手にロサンゼルス・クリッパーズ(Los Angeles Clippers)が入っている。東では、キャブスに次いでトロント・ラプターズ(Toronto Raptors)とボストン・セルティックス(Boston Celtics)が推された。

 また、見ていて一番面白いと思うスターターの項目では、ウォリアーズの豪華ラインナップが93.3パーセントの得票を集めている。

 チームとしてはウォリアーズが圧倒的な人気を誇る一方で、レギュラーシーズンMVPの予想ではジェームズが46.7パーセントの票を集めて1位に選ばれた。以下、23.3パーセントを集めたサンダーのラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)、ともに10パーセントを集めたウォリアーズのステフェン・カリー(Stephen Curry)とヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のジェームズ・ハーデン(James Harden)が続いている。

 一方、今回の調査により、GM人気が最も高いのはミネソタ・ティンバーウルブス(Minnesota Timberwolves)のカール・アンソニー・タウンズ(Karl-Anthony Towns)であることも判明した。

 これから新しくチームを設立するとして、獲得できる選手を1人選べるとしたら誰を取るかという質問に対して、GMの48.7パーセントがタウンズと答え、デュラントの20.7パーセント、ジェームズの17.2パーセントを大きく上回った。

 最も優れた外国籍選手には、27.6パーセントの票を集めたミルウォーキー・バックス(Milwaukee Bucks)のヤニス・アデトクンポ(Giannis Antetokounmpo、ギリシャ)が選ばれ、メンフィス・グリズリーズ(Memphis Grizzlies)のマルク・ガソル(Marc Gasol、スペイン)、ダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)の大黒柱ダーク・ノビツキー(Dirk Nowitzki、ドイツ)を抑えた。(c)AFP