トップ > ニュース > 政治

トランプ氏のわいせつ立証映像に賞金1億円 男性誌ハスラー創刊者

2016年10月18日 11:45 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

トランプ氏のわいせつ立証映像に賞金1億円 男性誌ハスラー創刊者
米カリフォルニア州ビバリーヒルズの自身の会社で、男性誌「ハスラー」の40周年記念号を手にするラリー・フリント氏(2014年8月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/MARK RALSTON

【10月18日 AFP】米アダルト業界の大物実業家で男性誌「ハスラー(Hustler)」の創刊者、ラリー・フリント(Larry Flynt)氏が17日、相次ぐスキャンダル報道で苦境に立たされている米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の「スキャンダラスな」映像や音声に対し、最高で100万ドル(約1億円)の賞金を提供することを発表した。

 ハスラーを発行しているフリント氏の関連企業によれば、「トランプ氏の違法行為や侮辱的な態度、同氏から性的に屈辱を与えられた行為などを鮮明に捉え」「証拠として利用可能な映像や音声」に賞金を支払い、入手した映像などを11月8日の大統領選の前に公開する予定だという。

 フリント氏は声明で、「私は常々、あらゆる容姿や体形の女性を賞賛してきた」として、「トランプ氏のような女性の扱い方は嘆かわしく、信じ難い。それが、わが国の大統領を目指す人物の行為であればなおさらだ」と主張。

 言論の自由を擁護する考えでも知られるフリント氏は、「こうした偽善者を非難し、その無分別さを示す情報をできる限り一般市民に提供することが私の使命」だと述べている。

 一方のトランプ氏は先週、過去に同候補から性的暴行や性的な嫌がらせを受けたと訴える女性が次々に名乗り出たことについて、事実無根だとして女性たちの主張を全面的に否定している。(c)AFP

特集:トランプ政権

ドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、米国の第45代大統領に就任した。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>