【10月11日 AFP】アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ(Dubai)で10日、完成すれば現在世界一の同地の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」を上回ることになる「ザ・タワー(The Tower)」の建設が始まった。完成予定は2020年だという。 

「ザ・タワー」の建設を手掛けるドバイの不動産開発大手エマール・プロパティーズ(Emaar Properties)は、完成時の正確な高さは発表しておらず「完成時には世界で一番高いタワーになる」とだけ述べている。同社は4月、建設費用の見積もりを約10億ドル(約1040億円)と発表した。

 ドバイ・クリーク・ハーバー(Dubai Creek Harbour)で行われた起工式には、ドバイ首長でもあるムハンマド・ビン・ラシド・マクトム(Sheikh Mohammed bin Rashid al-Maktoum)UAE副大統領が出席した。(c)AFP