トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

仏企業から潜水艦の機密情報が大量流出、豪調達にも影響か

2016年8月24日 9:56 発信地:シドニー/オーストラリア

このニュースをシェア

仏企業から潜水艦の機密情報が大量流出、豪調達にも影響か
1/3
ムンバイにあるインド海軍の造船所でタグボートにえい航されるスコルペヌ級潜水艦「カルバリ」(2015年10月29日撮影、資料写真)。(c)AFP/INDRANIL MUKHERJEE

【8月24日 AFP】フランスの防衛大手DCNSが手掛ける潜水艦の機密情報が大量に流出したことが24日、オーストラリア紙の報道で明らかになった。同社の潜水艦を使用しているインド、マレーシア、チリに影響を与える恐れがある。オーストラリアは今年4月に総額500億豪ドル(約3兆8000億円)の次期潜水艦プロジェクトの設計と製造をDCNSに発注しており、同国内でも波紋が広がりそうだ。

 豪全国紙のオーストラリアン(The Australian)によれば、流出した2万2400ページに及ぶ文書には、DCNSがインド海軍からの受注で設計したスコルペヌ(Scorpene)級潜水艦の戦闘能力の詳細が記されている。マレーシアとチリは同型の別の潜水艦を使用しており、ブラジルも2018年から配備を予定している。

 同紙によれば「部外秘スコルペヌ・インド」と題された流出文書では、インドが導入した潜水艦について、戦闘能力関連の記述のほかに、レーダー、通信・慣性航法装置についておよそ数千ページが、魚雷発射装置について500ページ近くがそれぞれ割かれている。

 DCNSはAFPの取材に対し、報道については承知しているとした上で「国家安全保障当局」が調査を開始したと明らかにしたが、詳細については言及を避けた。

 オーストラリアンによれば、DCNSは流出元について、フランスではなくインドの可能性があると示唆している。2011年にDCNSの下請け業者として働いていた元フランス海軍将校がフランスから持ち去ったデータが東南アジアの複数の企業に渡り、オーストラリアのある企業にメールで転送された疑いがあるという。(c)AFP
 

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>