トップ > 五輪 > リオ五輪 > サッカー

4連覇逃した米国代表GKソロ、スウェーデンを「臆病者」呼ばわり

2016年8月13日 8:59 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

このニュースをシェア

4連覇逃した米国代表GKソロ、スウェーデンを「臆病者」呼ばわり
リオデジャネイロ五輪、サッカー女子準々決勝、米国対スウェーデン。ボールを蹴り出す米国のホープ・ソロ(2016年8月12日撮影)。(c)AFP/EVARISTO SA

【8月13日 AFP】(更新)12日にに行われたリオデジャネイロ五輪のサッカー女子準々決勝で敗れ、五輪4連覇の可能性がついえた米国女子代表のホープ・ソロ(Hope Solo)が、勝利したスウェーデン代表を「臆病者」と言い張った。

 試合は延長戦でも1-1のまま決着がつかずPK戦にもつれこむと、米国はスター選手のアレックス・モーガン(Alex Morgan)と途中出場のクリステン・プレス(Christen Press)が失敗。スウェーデンのリサ・ダールクヴィスト(Lisa Dahlkvist)のシュートで、試合に決着がついた。

 ソロはダールクヴィストがPKを蹴る前、キックを遅らせるためにキーパーグローブを交換したが、そうした試みも実らなかった。

 ソロは試合後、米国の週刊誌スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)に対し、「私たちは臆病者と戦った」と語った。

「より良いチームが勝ったわけではない。そう強く信じている。今日の試合を見た人は、私たちが米代表として勝負にかける気持ち、そして、私たちが今日持っているものを全て出したことを見たと思う」

「スウェーデンが勝ち残っていくとは思わない。とても臆病だった」

「でも彼女たちが試合に勝利した。スウェーデンは次の試合に進むけど、私たちは家に帰る」

 一方、元米国代表指揮官で、今大会はスウェーデンを率いたピア・サンドヘージ(Pia Sundhage)監督は、「勝てるのであれば、臆病者でも構いません」とソロの発言に反論。

 さらに、同国のGKヘードビグ・リンダール(Hedvig Lindahl)は、ソロのグローブ交換について「パニックを起こしていた」とコメントした。

 すると米国代表のジル・エリス(Jill Ellis)監督は、事態の沈静化に務め、「彼女たち(スウェーデン)はゲームプランをしっかり果たした。自分たちの持っているすべての力を、どのように使いこなすかを理解することが大事なんです」と語った。

「最終的に最も大事なことは結果です。どんなプレーをしたかではありません」

(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

五輪 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>