【7月31日 AFP】フィリピン警察が前代未聞の規模で犯罪撲滅に努めている影響で、同国の拘置所がいま収容者であふれ返っている。およそ60年前に建てられたマニラ(Manila)首都圏ケソン市(Quezon City)にある定員800人の拘置所には、3800人が押し込まれ、収容者たちは階段や床のひび割れた屋外バスケットボール場、ベッドの下、古い毛布で作られたハンモックなどで、順番に睡眠をとっている。29~30日に撮影。(c)AFP