トップ > ニュース > 政治

米民主党指導部がサンダース氏妨害?ウィキリークスがメール暴露

2016年7月24日 12:38 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

米民主党指導部がサンダース氏妨害?ウィキリークスがメール暴露
米ニューハンプシャー州の選挙集会で、ヒラリー・クリントン前国務長官(右)と並んで出席者らに手を振るバーニー・サンダース上院議員(2016年7月12日撮影、資料写真)。(c)AFP/Justin SAGLIO

【7月24日 AFP】米民主党指導部の電子メールが大量に流出し、大統領選の候補指名を目指していたバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員の選挙活動を妨害しようとする動きを示唆するものが、少なくとも2件含まれていたことが明らかになった。盤石とは言えない党内の結束が脅かされる可能性もありそうだ。

 メールは米民主党全国委員会(DNC)の幹部7人が送受信した1万9000件余りで、22日に内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」で公開された。

 それによると、5月5日のメールのやりとりで、委員会の最高財務責任者(CFO)であるブラッド・マーシャル(Brad Marshall)氏は、ケンタッキー(Kentucky)やウェストバージニア(West Virginia)といった保守的な州で、信仰についてある人物に質問できないかと尋ねていた。人物の名前は具体的に示されていないものの、サンダース氏とみられている。

 マーシャル氏のメールには、この人物について「(キリスト教の)神を信じているだろうか。過去には自分がユダヤ系だと語るリスクを冒していたが」と書かれていた。その上で、(保守的で信徒数が多い)南部バプテスト教会の人たちにとってユダヤ系と無神論者は大きく違うだろうと述べていた。

 このメールに対して委員会最高経営責任者(CEO)のエイミー・デイシー(Amy Dacey)氏は、全て大文字表記で「AMEN」(アーメン)と返信していた。

 調査報道サイト「ジ・インターセプト(The Intercept)」は、マーシャル氏が「これ(メール)は記憶にないが、話題にしていたのはサンダース氏ではなかったと思う。もしかすると代理人のことだったかもしれない」と語ったと伝えた。

 サンダース氏の選挙運動を指揮したジェフ・ウィーバー(Jeff Weaver)氏は23日、ABCニュース(ABC News)のインタビューで、この件について民主党指導部は説明すべきだと述べた。

 ABCのウェブサイトに掲載されたインタビュー内容によると、ウィーバー氏は党がヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官に「肩入れ」したように思えると付け加え、「選挙には手順がある。党全国委員会は各候補者に対して中立的な立場を取ることが定められているのに、実際にそうではなかったことは明らかだ」と述べた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>