【7月20日 AFP】フランスの警察当局は19日、アルプス(Alpine)のリゾート地で女性とその娘3人を刺したとしてモロッコ国籍の男(37)を逮捕した。容疑者は被害者が肌の露出が多い服装をしていたことに腹を立てたという話もあるが、警察は「単なるうわさ」で裏付けは取れていないとしている。

 事件があったのはラグラン(Lagrand)村の別荘。検察官のラファエル・バラン(Raphael Balland)氏によると、容疑者は隣の別荘に滞在していた被害者の部屋のテラスにとび入り、朝食をとっていた子ども3人をナイフで数回刺した。その際、子どもたちの母親(46)もけがを負った。

 最年少の8歳の女の子は近隣のグルノーブル(Grenoble)の病院に空路で輸送されたが、危険な状態は脱し、近いうちに退院できる見込みだという。10歳と13歳の女の子と母親は事件現場近くの病院に入院した。

 パリ(Paris)郊外のイブリーヌ(Yvelines)在住とされる容疑者は襲撃後に現場から逃走したが、その後、警察に逮捕された。動機は現時点では明らかになっていない。(c)AFP