【国連WFP協会】

国連WFPは、飢餓ゼロを目指す活動についてもっと知り、参加(寄付)することのできる無料スマートフォンアプリ「FOODeliver(フーデリバー)」を6月24日(金)に公開しました。

「FOODeliver」とは、「食糧」の”FOOD”と「届ける」という”Deliver”を組み合わせた造語で、ここに国連WFPのミッションである、命の危機にさらされた人々へ食糧を「確かに届ける」という強い思いが込められています。
FOODeliverでは、毎年平均80カ国以上で食糧支援を行う国連WFPの活動や現場の状況を気軽に読むことができるほか、紛争や自然災害などの緊急時には、緊急支援活動の開始をいち早く通知でお知らせします。
あなたもFOODeliverをダウンロードして食糧を届けてみませんか?

■FOODeliver でできること
1. 国連WFPの最新ニュースをお届けします!
2. 国連WFPが緊急支援を開始した際にプッシュ通知でお知らせします!
3. スマホから簡単に寄付ができます!
4. マイページ登録で寄付情報を確認できます。

「FOODeliver」はダウンロード無料。AndroidおよびiOSに対応しています。
Google PlayおよびApp storeからダウンロード可能です。

FOODeliverウェブサイトhttp://www.jawfp.org/foodeliver/

国連WFPは、飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する、国連唯一の食糧支援機関です。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを柱に、毎年平均81カ国でおよそ9,000万人に食糧支援を行っています。

国連WFPは、WFP国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。

www.wfp.org/jp

(C)国連WFP