トップ > ライフ > ライフ

フランス軍精鋭部隊、マクドナルド強盗を取り押さえる

2016年6月7日 13:20 発信地:ブザンソン/フランス

このニュースをシェア

フランス軍精鋭部隊、マクドナルド強盗を取り押さえる
仏北部リールにあるマクドナルド(2015年2月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/PHILIPPE HUGUEN

【6月7日 AFP】フランス東部で男2人がファストフード大手マクドナルド(McDonald's)の店舗に強盗に入ったところ、鉢合わせたのは腹をすかせた仏軍精鋭部隊の兵士たちだったという珍事件が起きていた。

 事件は5日午後、仏東部ブザンソン(Besancon)エコールバランタン(Ecole-Valentin)にあるマクドナルドで起きた。武装した男2人が店に押し入り、1人が威嚇射撃を行い、1人が現金を盗み出そうとレジに向かった。

 しかしこの時、マクドナルドで食事をしていた約40人の客のうち11人はフランス軍の精鋭部隊所属。しかも人質事件を専門とする鍛え抜かれた兵士たちだった。

 ブザンソンの検察当局によると、非番の兵士たちは他の客たちを危険にさらさないよう、犯人らが金を強奪し終えるまで介入する機会をうかがっていたという。

 1人目の男は現金約2000ユーロ(約24万円)を持って逃走しようとしたところを取り押さえられ、他の1人は兵士1人に腹部を撃たれ、身柄を拘束された。現在入院している2人は武装強盗および暴行罪に問われ、今後、裁判所に出廷する。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>