トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

米女性、腕にかみついたサメごと病院へ フロリダ州

2016年5月16日 19:20 発信地:マイアミ/米国

このニュースをシェア

米女性、腕にかみついたサメごと病院へ フロリダ州
オーストラリア・シドニーで、水族館の水槽内を泳ぐコモリザメ(2010年7月3日撮影、資料写真)。(c)AFP/GREG WOOD

【5月16日 AFP】米南東部フロリダ(Florida)州で15日、サメに腕をかまれた女性が、サメごと病院へ緊急搬送された。

 消防関係者が現地紙に語ったところによると、同州ボカラトン(Boca Raton)の浜辺で、海水浴をしていた女性(23)の右腕に体長61センチ程度のコモリザメ(ナースシャーク)がかみついた。サメはその場で海水浴客に殺されたが、サメの死がいを板で支えながら、女性は担架に載せられて車で病院へ緊急搬送された。

 海難救助隊の隊長は地方紙サン・センチネル(Sun-Sentinel)に対し「こんな出来事は見たことがないし、聞いたこともない」と語った。フロリダ州の大西洋岸でよくみられるコモリザメは、最大で体長3メートル程度まで成長するが通常は攻撃性が低く、ロブスターやイカ、ウニなどを餌とし人間を食べることはない。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>