【5月4日 AFP】米大統領選に向けた共和・民主両党の候補指名争いは3日、インディアナ(Indiana)州で予備選が行われ、米メディアは不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が圧勝する見込みだと伝えた。トランプ氏は大きく躍進し、同氏の指名獲得を阻止する勢力の希望を打ち砕く格好となった。

 開票率約13%の時点の得票率はトランプ氏が53.8%、テッド・クルーズ(Ted Cruz)上院議員が33.9%、オハイオ(Ohio)州のジョン・ケーシック(John Kasich)知事が9.4%。

 民主党は、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官とバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員が接戦を繰り広げており、開票速報ではクリントン氏が小差でリードしている。(c)AFP