【4月2日 AFP】米ニューヨーク(New York)州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事と州議会は3月31日、同州ニューヨーク市の最低賃金を時給9ドル(約1000円)から15ドル(約1670円)に引き上げることで合意した。

 米国では現在、09年から時給7.25ドル(約810円)に据え置かれている連邦最低賃金を引き上げる動きが全米の自治体レベルで相次いでいる。ニューヨーク州知事と議会の合意の3日前にもカリフォルニア(California)州議会が、同州の最低賃金を時給15ドルに引き上げる同様の合意に至っている。

 クオモ知事は声明の中で、今回の引き上げによりニューヨークの230万人が恩恵を受けると述べた。今回の合意の下、ニューヨーク市内の従業員10人以上の職場では、18年末までに最低賃金が15ドルに引き上げられる。州内のニューヨーク市以外の自治体では最低賃金引き上げの動きはやや遅く、20年末までに12.5ドル(約1400円)になるとみられる。(c)AFP