トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

テロ犠牲者追悼の広場に極右が乱入、10人拘束 ベルギー

2016年3月28日 8:19 発信地:ブリュッセル/ベルギー

このニュースをシェア

テロ犠牲者追悼の広場に極右が乱入、10人拘束 ベルギー
1/10
ベルギー・ブリュッセル中心部の広場「プラス・ド・ラ・ブルス」で、連続テロの犠牲者に花が手向けられた場所に入り込んできた男に抗議する女性(2016年3月27日撮影)。(c)AFP/PATRIK STOLLARZ

【3月28日 AFP】ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)で27日、連続テロの犠牲者を悼む人々が集まっていた広場に極右のフーリガンが乱入し、機動隊が放水銃を浴びせて排除する騒動となった。警察当局によると約10人が拘束された。

 騒ぎがあったのは市中心部にある広場「プラス・ド・ラ・ブルス(Place de la Bourse)」。犠牲者への連帯を示して仮設の追悼施設に集まっていた数百人の間に、黒服のデモ隊が移民排斥のスローガンを叫びながら割り込んだ。

 約300人のフーリガンは「ここはわれわれの祖国だ」「国とダーイシュ(Daesh、今回のテロで犯行声明を出したイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」のアラビア語名の略称)はグルだ」などと唱和。一部は、追悼者が現場に手向けた花やろうそく、メッセージを踏みつけた。少なくとも1人は極右のシンボルを描いたマスクを着けていた。

 警察はイスラム教徒を含む追悼者らにフーリガンを挑発しないよう呼びかけたが、「ファシスト! ファシスト! そんなものはいらない!」と応酬する人もいた。機動隊はフーリガンを包囲した上で強力な放水銃を浴びせ、市外行きの列車まで誘導して排除した。(c)AFP/David COURBET and Joshua MELVIN

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>