トップ > ニュース > 社会

10代少女、トイレで出産後茂みに新生児放置 中国

2016年3月26日 15:17 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

10代少女、トイレで出産後茂みに新生児放置 中国
フランス北部ランスで撮影された、母親の指に触れる新生児(2013年9月17日撮影、資料写真)。(c)AFP/PHILIPPE HUGUEN

【3月26日 AFP】中国東部浙江(Zhejiang)省で、10代のバレーボール選手が体育館のトイレで女児を出産した後、茂みに女児を放置し試合に戻っていたことがわかった。国営メディアが25日、報じた。

 杭州日報(Hangzhou Daily)によると、少女は同省長興(Changxing)県で行われた18歳未満の全国女子バレーボール選手権で試合を撮影していた際に陣痛が始まった。トイレで一人で出産し「怖くなり」、体育館の近くの茂みに赤ちゃんを放置。その後体育館内に戻り、撮影を続けたという。

 現場を通り掛かった人が赤ちゃんを発見し、地面の血痕をたどって母親をみつけた。赤ちゃんと母親は病院に搬送されたが、ともに無事だという。

 中国では、社会や金銭的なプレッシャーにより、未婚者から生まれた赤ちゃんが放棄されることが時折ある。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>