トップ > ニュース > 社会

ネオナチ政治家を難民が救助、ドイツ中部

2016年3月23日 17:20 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

ネオナチ政治家を難民が救助、ドイツ中部
ドイツ・ベルリンでデモを行う極右政党「ドイツ国家民主党(NPD)」の支持者(2013年5月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/JOHN MACDOUGALL

【3月23日 AFP】ドイツ中部ヘッセン(Hesse)州で、運転していた車が木に激突して重傷を負ったネオナチの政治家が、現場を通りがかったシリア人難民に救助されていたことが分かった。現地メディアが22日報じた。

 独DPA通信や地方紙によると、同州ビューディンゲン(Buedingen)付近で先週、極右政党「ドイツ国家民主党(NPD)」に所属するステファン・ヤークシュ(Stefan Jagsch)氏(29)の車が木にぶつかって大破した。

 この状況に最初に対応したのは、たまたま現場付近を走行していて、事故で止まったミニバスに乗っていたシリア人難民2人だった。2人はつぶれた車から同氏を引きずり出し、応急処置を施したという。

 欧州一の経済大国であるドイツには昨年、シリアやイラク、アフガニスタンなどから庇護を希望する100万人余りが流入。ビューディンゲンを含む各地に収容施設が多数開設された。一方で、過去最多の外国人の流入は、ドイツ国内で外国人排斥感情を招き、それに乗じてNPDなどの極右政党が支持を伸ばしている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>