トップ > 環境・科学 > 科学・技術

クマの骨で新発見、アイルランドの人類史を書き換え

2016年3月21日 15:23 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

クマの骨で新発見、アイルランドの人類史を書き換え
フランス・パリで、オークションのために展示されたクマの骨格(2007年3月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/JACK GUEZ

【3月21日 AFP】アイルランドの洞窟で発見されたクマの骨を分析した結果、これまで考えられていたより2500年早い紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していたことが分かった。研究者らが20日、明らかにした。

 これまで数十年にわたり、アイルランドに人間が住み始めたのは紀元前8000年頃とされてきたが、クマの膝の骨を放射性炭素年代測定で分析したところ、約1万2500年前の紀元前約1万500年頃、人間によって解体されたことが判明したという。

 スライゴ工科大学(Institute of Technology Sligo)の考古学者マリオン・ダウド(Marion Dowd)氏は、「この発見は、アイルランドにおける人間の歴史に新たな一章を付け加える」と述べる。

 膝の骨は、1903年にアイルランド西岸のクレア州(County Clare)にある洞窟で発見された数千個の骨の一部。調査の結果、アイルランドで旧石器(Palaeolithic)時代に人間が活動していたことが分かった。科学者らはそれまで、その後の中石器(Mesolithic)時代からのみ、人間が活動していた証拠があるとしていた。

 今回の研究結果は、学術誌「Quaternary Science Reviews」に発表された。(c)AFP/Naomi O'LEARY

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>