トップ > ニュース > 社会

米シーワールド、シャチの繁殖中止に 飼育環境への批判受け

2016年3月18日 9:59 発信地:マイアミ/米国

このニュースをシェア

米シーワールド、シャチの繁殖中止に 飼育環境への批判受け
米フロリダ州オーランドのシーワールドで飼育のシャチ(2011年3月29日撮影、資料写真)。(c)AFP/GETTY IMAGES NORTH AMERICA/GERARDO MORA

【3月18日 AFP】米海洋テーマパーク「シーワールド(SeaWorld)」は17日、現在飼育しているシャチを最後に今後は繁殖および飼育そのものを行わない方針を明らかにした。人気観光スポットである同テーマパークでのシャチの飼育環境をめぐっては、動物愛護団体から批判の声が上がっていた。

 シーワールドは声明を発表し、飼育中のシャチが最後の飼育個体となるとしながら、過去40年近くにわたり野生の個体を捕獲していないこと、シャチの繁殖計画を今後一切行わないことなどを明らかにした。

 シーワールドが現在飼育しているシャチは、米フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)で7頭、テキサス(Texas)州サンアントニオ(San Antonio)で5頭、カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)で11頭。年齢は0~51歳で、現在妊娠中のシャチも1頭いる。

 2010年のショーの最中に調教師を襲ったシャチのティリクム(Tilikum)は、現在細菌感染による重い病気にかかっているという。

 シーワールドはまた、今後オープンするテーマパークではシャチを飼育せず、動物を使ったショーの代わりに、より自然に近い環境での「教育的な」アトラクションを導入するとしている。アトラクションの変更は、サンディエゴで来年、サンアントニオとオーランドでは2019年から適用される予定。

 飼育環境がシャチに与える影響に光を当てた2013年のドキュメンタリー映画『ブラックフィッシュ(Blackfish)』により、シーワールドに対しては批判の声が高まっていた。動物愛護団体らは、狭い水槽での飼育や不適切な給餌、芸の強制についてシーワールドを非難していた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>