トップ > 環境・科学 > 科学・技術

火星の生命探す欧露共同プロジェクト、ロケット打ち上げ成功

2016年3月14日 20:36 発信地:バイコヌール/カザフスタン

このニュースをシェア

火星の生命探す欧露共同プロジェクト、ロケット打ち上げ成功
1/4
カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた、火星探査プロジェクト「エクソマーズ」の探査機を搭載したプロトンロケット(2016年3月14日撮影)。(c)AFP/KIRILL KUDRYAVTSEV

【3月14日 AFP】ロシアと欧州宇宙機関(ESA)による火星探査共同プロジェクト「エクソマーズ(ExoMars)」のミッション第1弾として14日、無人探査機を搭載したプロトン(Proton)ロケットが、カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地(Baikonur Cosmodrome)から打ち上げられた。

 ロシア宇宙庁(Roscosmos、ロスコスモス)は、グリニッジ標準時(GMT)14日午前9時31分(日本時間同日午後6時31分)に打ち上げが「無事完了した」と発表した。プロトンは7か月をかけて宇宙空間を旅し、10月に火星に到着する予定。

 搭載されている周回機トレース・ガス・オービター(Trace Gas OrbiterTGO)は、火星の大気圏に突入する数日前に着陸探査機スキャパレリ(Schiaparelli)から分離され、火星の写真を撮影する他、メタンを中心に火星の大気の分析などを行う。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>