トップ > ニュース > 政治

ロシア、「軍用イルカ」復活へ 5頭購入を計画

2016年3月10日 10:07 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

ロシア、「軍用イルカ」復活へ 5頭購入を計画
キルギスの首都ビシケクで公演を行うロシアのモスクワ・イルカ水族館のイルカ(2015年12月30日撮影、資料写真)。(c)AFP/VYACHESLAV OSELEDKO

【3月10日 AFP】ロシア政府は9日、軍用目的でイルカ5頭を購入する方針を明らかにした。ソ連時代に潜水艦や機雷の探知に活用していた「軍用イルカ」を復活させる試みだ。

 ロシア政府の調達ウェブサイトに掲載された資料によると、ロシア軍はイルカの調達に関する175万ルーブル(約280万円)の契約の入札を開始した。今年8月1日までに、ウクライナから併合したクリミア(Crimea)半島の港湾都市セバストポリ(Sevastopol)に運ぶ計画だ。購入を目指すのは3~5歳の雌2頭と雄3頭で、歯が完全で体に傷がないことが条件とされる。

 イルカは冷戦(Cold War)の最中に、ソ連や米国が潜水艦などの探知のほか、港湾や船舶近くの不審物や不審者の発見のために用いた。米海軍は現在も海洋ほ乳類を活用しており、2003年には米同時多発テロを受け実施された「不朽の自由作戦(Operation Enduring Freedom)」で、アシカをバーレーンに派遣した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>