トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

健康な歯を次々抜歯… 仏「恐怖の歯科医」が出廷

2016年3月9日 11:06 発信地:ヌベール/フランス

このニュースをシェア

健康な歯を次々抜歯… 仏「恐怖の歯科医」が出廷
1/2
フランス中部ヌベールでの公判のため出廷したヤコーブス・ファンニーロップ被告を描いたスケッチ(2016年3月8日作成)。(c)AFP/BENOIT PEYRUCQ

【3月9日 AFP】フランス中部の村で歯科医として診療に当たっていた際に、100人以上の患者の口内に重傷を負わせたとされるオランダ人の男が8日、出廷した。現地メディアは男を「恐怖の歯科医」と呼んでいる。

 ヤコーブス・ファンニーロップ(Jacobus van Nierop)被告(51)はシャトーシノン(Chateau-Chinon)村で、患者の健康な歯を次々に抜いていた。患者らはあごの損傷や、再発性の化膿(かのう)や敗血症に苦しんでいた。

 ファンニーロップ被告は加重暴行罪に加え、患者や保険会社に対する詐欺の罪に問われている。有罪となれば最高で禁錮10年、罰金15万ユーロ(約1900万円)が言い渡される可能性がある。

 被告は先に、性自認に関する問題や自殺傾向といった「精神的な問題」を抱えていると訴え、責任を回避しようとする姿勢を示していた。

 ファンニーロップ被告はヘッドハンターからスカウトされてシャトーシノン村に着任。村は医療サービスが不十分だったため、当初は住民から歓迎された。しかし2011年までに、当局が被告の会計処理に不信の目を向けるようになり、患者もどんな治療を受けたか情報交換をするようになった。

 65歳の女性患者は2012年3月、歯列矯正器具を装着するため被告の元を訪れたところ、「7~8本の注射を打たれ、一度に8本の歯を抜かれた。3日間出血が止まらなかった」と話している。

 また、ずさんな処置を施されたことによる重度の化膿で数本の歯を失ったという別の女性患者は、「毎回『ちょっとチクリとします』と言っては完全に眠らされていた」と話す。「診療が終わると、翌日か翌々日に再診予約を入れるようにという付箋を手渡された」という。

 この女性患者が被告を告発しようと、助手の一人の協力を得て2013年に被害者の会を立ち上げたところ、たちまち120人もの被害者が名乗りを上げた。同年6月には警察が逮捕に踏み切ったが、公判まで保釈された間の12月に国外へ逃亡。国際指名手配された被告は翌2014年9月にカナダの小さな町で逮捕された。その際、自ら喉をかき切ろうとしたという報道もある。

 被告は精神の問題を理由にオランダおよびフランスへの強制送還を拒もうとしたが、結局パリ(Paris)南郊にある医療刑務所へ送致されていた。(c)AFP/Marjorie BOYET

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>