トップ > ニュース > 社会

中国の人口、20年までに約14億2000万人に 政府見通し

2016年3月5日 18:10 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

中国の人口、20年までに約14億2000万人に 政府見通し
1/2
中国・上海の街を歩く家族(2013年11月16日撮影、資料写真)。(c)AFP/PETER PARKS

【3月5日 AFP】中国政府は5日、一人っ子政策による人口危機が進んでいる同国の人口が今後5年間で約4500万人増加するという見通しを発表した。増加人数はスペイン人口にほぼ匹敵する。

 全国人民代表大会(National Peoples Congress、全人代、国会に相当)が開幕した同日、中国政府は2020年までの新たな5か年計画の草案を発表し、世界最大の人口を抱える同国の人口は2020年までに「約14億2000万人」になるとの見通しを明らかにした。

 前の計画が発表された2011年はまだ大半の夫婦が一人っ子政策の対象とされていた時期で、政府は2015年までに人口を「13億9000万人以下」に抑制する目標に掲げていた。

 政府は今年、大きな論争を呼んできた一人っ子政策を廃止し、全ての夫婦に2人目の子どもを持つことを容認する方針を打ち出したが、実際のところは、経済的な理由から2人目を望まない夫婦は多い。

 過去5年間に中国の人口は3300万人増加した。今回示された2020年の予測が正しければ、人口増加のペースは今後5年間に一層加速することになる。

 中国社会では長年、男子が偏重され、女子を妊娠しても中絶したり生まれて間もなく殺害したりするケースが後を絶たず、政府は「出生性比が偏っている問題」に取り組むことも発表した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>