トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

マチュピチュ遺跡で全裸写真、英仏の観光客2人逮捕 ペルー

2016年3月4日 12:12 発信地:リマ/ペルー

このニュースをシェア

マチュピチュ遺跡で全裸写真、英仏の観光客2人逮捕 ペルー
南米ペルーのマチュピチュ遺跡(2011年7月6日撮影)。(c)AFP/Cris BOURONCLE

【3月4日 AFP】南米ペルーの警察当局は3日、世界遺産(World Heritage Site)のマチュピチュ遺跡(Machu Picchu)で全裸写真を撮ろうとした欧州からの観光客2人を逮捕した。国営アンデス(Andina)通信が伝えた。

 報道によると、逮捕された2人は英国人とフランス人の男。マチュピチュ遺跡で服を脱いで全裸になり、携帯電話で写真を撮ろうとしたところを警備員に見つかったという。2人は警察署に連行された後、裁判所に出廷し、風紀違反の罪で訴追された。

 マチュピチュ遺跡は15世紀のインカ帝国の城塞都市で、1983年に国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産に登録された。観光客らが全裸で写真を撮ったり走り回ったりする行為の横行を受け、ペルー当局は2014年3月から警備員の監視を強めている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>