トップ > ニュース > 政治

金第1書記、核兵器発射準備を命令 米は能力疑問視

2016年3月4日 9:01 発信地:ソウル/韓国

このニュースをシェア

金第1書記、核兵器発射準備を命令 米は能力疑問視
北朝鮮・平壌で行われた大規模な軍事パレードに登場したミサイル(2015年10月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/KCNA/KNS

【3月4日 AFP】(更新)北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は4日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記が、核兵器を「いつでも」使用できる準備の実施を命じたと伝えた。

 KCNAによると、金第1書記は3日に新型の大口径多連装ロケット発射機(MRL)の試験発射を視察した際、「われわれは、いつでも核弾頭を発射できる準備が常にできていなければならない」と述べた。

 金第1書記はまた、南北に分断された朝鮮半島の情勢が危ぶまれるとの理由で、北朝鮮は軍事戦略を「先制攻撃」にシフトしなければならないと警告。「米国が、他国やその国民に対して戦争をけしかけたり大惨事を引き起こしたりするよう呼び掛けている非常時に、主権や生存権を守る唯一の方法は、核能力を高めることだ」とも述べた。

 国連安全保障理事会(UN Security Council)はこの前日、北朝鮮に対して厳しい制裁を新たに科す決議を採択しており、北朝鮮がこれを受けて好戦的な発言を強めることは予想されていた。

 こうした好戦的な発言は、緊張が高まった時に北朝鮮が用いる常用手段。北朝鮮は核弾頭を少数保有していることは知られているが、これをミサイルに搭載する技術があるか否かについては、専門家らの意見は割れている。

 米国防総省関係者はAFPの取材に対し、「北朝鮮が核弾頭を小型化し米本土への攻撃を可能とする大陸間弾道ミサイル(ICBM)に装着する能力を試験したり、実証したりした事例は、これまでのところ確認していない」と述べ、北朝鮮が核兵器発射能力を有している可能性を疑問視する立場を改めて示した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>