トップ > ニュース > 政治

金第1書記、新型ロケット砲の前で敵戦車は「ゆでたカボチャ」

2016年2月27日 19:10 発信地:ソウル/韓国

このニュースをシェア

金第1書記、新型ロケット砲の前で敵戦車は「ゆでたカボチャ」
北朝鮮国内で朝鮮人民軍の演習を視察する金正恩第1書記。朝鮮中央通信公開(2016年2月21日公開、資料写真)。(c)AFP/KCNA VIA KNS

【2月27日 AFP】北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は27日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記が、新たに開発された対戦車ロケット砲の試験を視察し、このロケット砲の前では敵の戦車は「ゆでたカボチャ」にすぎないと評価したと報じた。

 KCNAによると、金第1書記は、携帯型レーザー誘導対戦車ロケット砲の発射試験を視察し、「射程は世界最長」で「精度は狙撃兵の銃並み」と述べたという。さらに、「金第1書記は、高い機動性や攻撃力を主張する敵の戦車や装甲車でさえも、この対戦車ロケット砲の前ではゆでたカボチャにすぎないと非常に満足そうに述べた」と伝えている。

 金第1書記は、この対戦車ロケット砲を早急に大量生産し、前線部隊や沿岸の防衛部隊に配備するよう指示したという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>