トップ > ニュース > 政治

オバマ大統領、グアンタナモ閉鎖計画を発表

2016年2月24日 7:09 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

オバマ大統領、グアンタナモ閉鎖計画を発表
1/4
キューバ・グアンタナモ湾の米海軍基地にある収容所(2007年4月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/PAUL J. RICHARDS

【2月24日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は23日、キューバ南東部グアンタナモ(Guantanamo)の米海軍基地にある収容所の閉鎖計画を発表した。

 オバマ氏はグアンタナモ収容所の閉鎖を選挙公約として掲げていたが、いまだ実現できずにいる。ホワイトハウス(White House)のルーズベルト・ルーム(Roosevelt Room)で行った発表では、同収容所は米国の汚点であり、イスラム過激派を刺激する存在になっていると指摘。「この問題を次期大統領に引き継ぎたくはない」と述べ、来年の任期切れ前の閉鎖を目指すと宣言した。

 まとめるのに何か月もかかったこの計画では、2億9000万~4億7500万ドル(約325億~532億円)を費やし、現在残っている収容者91人を、他国、または米本土で受け入れ先候補となっている13の収容施設のいずれかに移送するとしている。

 移送先候補施設の詳細は、ほとんど明かされていない。しかし軍当局者らは先に、カンザス(Kansas)州フォートレブンワース(Fort Leavenworth)陸軍基地や、サウスカロライナ(South Carolina)州チャールストン(Charleston)海軍施設などを候補として挙げ、地元政治家らの反発を招いていた。

 グアンタナモ収容所は2002年1月、米国が租借しているキューバ南東部の土地に設けられた。ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)前大統領の下、2001年9月11日米同時多発テロの容疑者とされる「敵性戦闘員」らが収容されている。収容者には、多くの法的権利が認められていない。

 オバマ氏は大統領選に出馬した際、グアンタナモ収容所で行われている司法手続きなしの勾留や、オレンジ色のつなぎを着せられた容疑者らに対する拷問により、米国のイメージが損なわれ、国家安全保障に支障をきたしていると主張。大統領に就任後、ほぼ8年にわたり同収容所の閉鎖を目指してきたが、議会や、自らが統括する国防総省、さらに所属する民主党の一部からの反対を受け、阻止され続けてきた。(c)AFP/Andrew BEATTY/Thomas WATKINS

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>