トップ > スポーツ > サッカー > サッカー その他

誤審疑惑で審判にレッドカード?トルコ1部の試合がカオスに

2016年2月23日 11:28 発信地:イスタンブール/トルコ

このニュースをシェア

誤審疑惑で審判にレッドカード?トルコ1部の試合がカオスに
トルコ1部リーグ、ガラタサライ対トラブゾンスポル。審判にレッドカードを提示するトラブゾンスポルのサリー・ドゥルスン(右、2016年2月21日撮影)。(c)AFP

【2月23日 AFP】トルコ1部リーグでは、21日に行われたガラタサライ(Galatasaray)対トラブゾンスポル(Trabzonspor)の試合で退場者が続出し、選手の一人が審判にレッドカードを提示して無秩序状態に陥るなど、スポーツとしての信頼性に疑問が生じる事態に直面している。

 イスタンブール(Istanbul)が拠点のガラタサライと、黒海(Black Sea)沿岸のトラブゾン(Trabzon)を本拠地とするトラブゾンスポルとの宿敵対決では、トラブゾンスポルに退場者が続出。試合終了時には選手が7人しか残っておらず、規律が乱れ、誤審も疑われるなど、同国リーグ史上最悪の試合の一つとなった。

 デニズ・アテス・ビトネル(Deniz Ates Bitnel)主審によって、すでに2選手が退場となっていたトラブゾンだが、後半41分にはさらに、ルイス・ペドロ・カヴァンダ(Luis Pedro Cavanda)がペナルティーエリアでウムト・ブルト(Umut Bulut)を倒してレッドカードを提示された。

 これにヒートアップしたトラブゾンスポルは、サリー・ドゥルスン(Salih Dursun)がビトネル主審からレッドカードを奪い取り、それを目の前に突きつけた。

 ビトネル主審が、取り戻したカードをドゥルスンに提示すると、ガラタサライはセルチュク・イナン(Selcuk Inan)のPKが決まり、2-1で勝利を手にした。

 トラブゾンスポルのムハレム・ウスタ(Muharrem Usta)会長は試合後、「トルコ全土から『われわれは恥ずかしい』というメッセージが寄せられている」と明かすと、「サリー・ドゥルスンは、トルコサッカー界にレッドカードを示したのだ。あれは反抗するという意思表示ではなく、再生を意味している」とつけ加えた。

 一方、トルコの通信社ドーガン(Dogan)によれば、ガラタサライのドゥルスン・オズベク(Dursun Ozbek)会長は22日、審判に不手際があったことを認め、「双方にとって好都合な判定もあったし、不利な判定もあった」とコメントしている。

 トルコのスポーツ紙ファナティーク(Fanatik)は紙面トップで、ドゥルスンが審判にレッドカードを突き付けた写真に「あのレッドカードは100%正当」という見出しをつけ、問題の試合で起きた6つの大きな誤審を列挙した。

 さらに、トラブゾンスポルは選手らを処罰するどころか、ドゥルスンが審判にレッドカードを出している姿をプリントしたTシャツの製造を開始し、クラブの公式ショップで売り出すと発表している。(c)AFP/Stuart WILLIAMS

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>