トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

フィジー史上最大のサイクロンが上陸、同国初の「カテゴリー5」

2016年2月21日 12:07 発信地:スバ/フィジー

このニュースをシェア

フィジー史上最大のサイクロンが上陸、同国初の「カテゴリー5」
1/3
サイクロン「ウィンストン」の上陸で損壊した自宅のがれきを見つめる住民(2016年2月21日撮影)。(c)AFP/MAILIFE MAGAZINE/NAZIAH ALI

【2月21日 AFP】(写真追加)太平洋に浮かぶ島国フィジーに20日、同国史上最大のサイクロン「ウィンストン(Winston)」が上陸した。同国政府はサイクロン被害に備え、夜間外出禁止令や住民避難などで対応しているという。

 米海軍合同台風警報センター(Joint Typhoon Warning Center)によると、サイクロンの5段階分類で最も強い「カテゴリー5」の大型サイクロンは同日夜、フィジー本島のビチレブ(Viti Levu)島に上陸した。同国では20日から航空便が欠航になり、避難所を開設していた。

 同国のボレンゲ・バイニマラマ(Voreqe Bainimarama)首相は国民に向けた演説で、「われわれは国家として、最悪の試練に直面している」「国民として協力し合い、お互いの面倒をみなければならない。十分な注意と準備をしてほしい」と述べた。

 現地紙フィジー・タイムス(Fiji Times)によると、「ウィンストン」は平均風速約61メートル、最大瞬間風速約88メートルで、カテゴリー5のサイクロンがフィジーに上陸したのは今回が初めてだという。

 現地の報道によると「ウィンストン」上陸後、ビチレブ島全域で停電が発生した。フィジー政府が宣言した自然災害事態は1か月続くとみられている。

 同国国家災害対策局のアカプシ・トゥイファガレレ(Akapusi Tuifagalele)局長は、現地ウェブサイト「フィジーライブ(Fijilive)」で、人口約90万人の同国内に、758か所の避難所が準備されたと語った。

 国連人道問題調整事務所(OCHA)は声明で、ウィンストンは「破壊的な暴風と豪雨、危険な高潮により鉄砲水や河川の氾濫の原因となり得る」と述べ、必要ならば災害対策局を支援する準備があると表明した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>