トップ > 環境・科学 > 科学・技術

NASAの宇宙飛行士公募に応募殺到、過去最高の1万8300人に

2016年2月20日 15:16 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

NASAの宇宙飛行士公募に応募殺到、過去最高の1万8300人に
NASAが公開した、国際宇宙ステーションの外で宇宙遊泳をするフライトエンジニアのティム・コプラさん(2015年12月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/NASA

【2月20日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は19日、昨年12月から行ってきた宇宙飛行士の公募に対し、過去最高となる1万8300人の応募があったと発表した。

 NASAが2017年に行う宇宙飛行士養成クラスへの応募数は、前回2012年のほぼ3倍となり、これまで最高だった1978年の8000人を大幅に上回った。

 しかし、宇宙でのキャリアを実現させることができるのは、ほんの一握りだ。

 2017年から1年半続くコースで、志願者はふるいにかけられ、非常に優秀な候補者だけが米テキサス(Texas)州ヒューストン(Houston)のジョンソン宇宙センター(Johnson Space Center)での面接に招待される。最終的に、訓練を受ける幸運に恵まれるのは8~14人になる。

 NASAは来年半ばに、新コースの開始を発表するとみられている。

 NASAはソーシャルメディアを利用して公募を告知。昨年12月14日に受け付けを開始し、今月18日に締め切った。

 応募資格として、米国籍を持つこと、工学、自然科学、コンピューター科学、数学のうち数なくともいずれかの学士号を持ち、専門家として3年間の実務経験、もしくはジェット機の機長として少なくとも1000時間以上の飛行経験を持つことなどが挙げられていた。

 NASAは、1959年に人間を地球の周回軌道に送る米国初の有人宇宙飛行計画、マーキュリー計画(Project Mercury)の一環として初めて7人の宇宙飛行士を選抜して以来、300人以上の宇宙飛行士を採用している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>