【2月19日 AFP】米ロサンゼルス(Los Angeles)の病院が、院内情報システムを1週間以上乗っ取ったハッカーに1万7000ドル(約190万円)相当の仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」を支払っていたことが分かった。当局が明らかにした。

 この病院、ハリウッド・プレズビテリアン・メディカルセンター(Hollywood Presbyterian Medical Center)は、コンピューターシステムをネットワーク接続可能な状態に戻すため1万7000ドルに相当する40ビットコインを支払ったと発表した。

 病院の発表によると、今月5日に病院の情報システムにアクセスしようとしたスタッフが問題に気付き、調査が始められた。マルウエア(悪意のあるソフトウエア)により、病院のコンピューターシステムへのアクセスやシステム上の情報共有ができなくなっていた。病院側は「システムと業務機能を復旧させる最も速く効率的な方法は、金を払って復号キーを得ることだった」 としている。

 病院によるとシステムは今月15日に復旧した。患者や職員の情報が盗まれた証拠はないという。捜査当局は米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)に、支払いは病院側が当局に通報する前に行われたと語った。

 米連邦捜査局(FBI)ロサンゼルス支局は、ユーザーが自分のコンピューターシステム内の情報へアクセスするのを阻止あるいは制限するマルウェアの一種「ランサムウエア」を使ったサイバー攻撃を捜査中だとしている。(c)AFP