トップ > 環境・科学 > 科学・技術

パプアニューギニアで淡水ガメの新種発見

2016年2月17日 17:19 発信地:シドニー/オーストラリア

このニュースをシェア

パプアニューギニアで淡水ガメの新種発見
1/2
パプアニューギニアで発見された淡水ガメの新種(撮影日不明、2016年2月16日公開)。(c)AFP/EXXONMOBIL PNG

【2月17日 AFP】南太平洋のパプアニューギニアで、淡水ガメの新種が発見された。ニューギニア(New Guinea)島の地質学的形成過程に最初から立ち会ってきた種に属すという。

 分類学の国際学術誌「Zootaxa」に最近掲載された論文よると、発見されたのは、ニューギニア島全体でみられる3種の遠縁種のうちの、学名「Elseya rhodini」と名付けられたカメの新種。

 16日、論文の主著者である豪キャンベラ大学(University of Canberra)のアーサー・ジョージズ(Arthur Georges)氏は「3種は1700万~1900万年前の共通の祖先から進化した。その時期は非常に重要で、驚くことにこのカメたちは一緒に、ニューギニア島の地質発達過程をすべて見てきたことになる」と語った。同氏によれば、新種は「非常にかわいらしいカメ」で、赤みがかった色が特徴だという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>