【2月13日 AFP】英イングランドの公衆衛生サービス(Public Health EnglandPHE)は12日、南太平洋ポリネシア(Polynesia)地域のクック諸島(Cook Islands)を訪問中、ジカウイルスに感染した英国の男性(68)の精液に、感染から2か月間にわたってウイルスの存在が認められたと公表した。

 この発見で、ブラジルなどで胎児の先天異常に関連付けられ、各国保健衛生当局が研究を急ぐジカ熱に関する新たな疑問が発生すると同時に、性的感染の危険性も高まってきた。

 この男性は、2014年に同諸島を旅行中ジカウイルスに感染。英国に帰国後に熱と発疹、倦怠(けんたい)感などを訴え、検査の結果ジカウイルス感染が確認された。

 ジカ熱の症状は軽い場合が多く、1週間程度で自然治癒する。しかし、米疾病対策センター(CDC)のオンライン雑誌「新興再興感染症雑誌(Emerging Infectious Diseases Journal)」に掲載されたPHEの報告によると、この男性の場合、感染から27日後と62日後に採取した精液の検査でウイルスが発見されたという。

 PHEは、「われわれは精液中に発見された感染ウイルスを培養したわけではないが、データは精液中に長期間ウイルスが存在する可能性を示唆している。これは(ジカ熱感染後)、長期間にわたって性感染する可能性があることを示す結果でもある」と報告している。

 米首都ワシントン(Washington D.C.)で12日に開かれた米科学振興協会(AAAS)会合で、米国立アレルギー感染症研究所(National Institute of Allergy and Infectious DiseasesNIAID)のアンソニー・フォーシ(Anthony Fauci)所長は、ジカウイルスが男性の精液に残存する期間について研究を進める必要があると述べた。

 フォーシ所長は記者団に対し、男性がジカウイルス感染後、いつまでコンドームを使用するべきか、または性行為自体を控えるべきかを特定するため、ジカウイルスについて「疾病の経過を研究しなければならない」と語った。

  CDCは先週、ジカウイルスが流行する中南米諸国20か国以上に居住している、あるいは渡航歴のある男性に対し、性行為の際にコンドームを使用するか、性行為を控えることを促した。特に妊娠中のパートナーがいる場合は、出産までこれらの感染予防措置が必要であると述べている。(c)AFP