トップ > ニュース > 政治

「幸福相」と「寛容相」をUAEが新設、ともに女性を起用

2016年2月11日 14:51 発信地:ドバイ/アラブ首長国連邦

このニュースをシェア

「幸福相」と「寛容相」をUAEが新設、ともに女性を起用
1/2
アラブ首長国連邦(UAE)で新設された幸福担当相に就任したオホウド・ロウミ氏。国営首長国通信(WAM)の提供による(撮影日不明、2016年2月10日提供)。(c)AFP/WAM/HO

【2月11日 AFP】アラブ首長国連邦(UAE)は10日、内閣改造で幸福担当相と寛容担当相を創設し、それぞれ女性を起用したほか、22歳の女性を若者担当相に抜てきした。

 ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム(Sheikh Mohammed bin Rashid Al-Maktoum)首相(ドバイ首長)は、マイクロブログのツイッター(Twitter)で、女性8人を含む29人の閣僚人事を発表。国営首長国通信(WAM)によると、このうち新入閣は8人で、平均年齢は38歳、5人が女性という。

 新設の幸福担当相にはオホウド・ロウミ(Ohoud al-Roumi)氏、寛容担当相にはルブナ・カシミ(Lubna al-Qassimi)氏が任命された。また、若者担当相にはシャムマ・マズロイ(Shamma al-Mazroui)氏(22)が登用された。

 ムハンマド首相は、幸福担当相について「わが国において、幸福は単なる願いではない。計画とプロジェクト、プログラム、指標が設けられ、全閣僚の任務の一つとなる」とツイート。一方、寛容担当相については「寛容の精神をUAE社会の基本的価値観として推奨するため創設した」と説明している。(c)AFP
 

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>