トップ > ニュース > 社会

チェコで障害者のための性的介助サービス、支援団体立ち上げ

2016年2月15日 17:56 発信地:プラハ/チェコ

このニュースをシェア

チェコで障害者のための性的介助サービス、支援団体立ち上げ
チェコの首都プラハでスピーチをする、性産業に従事する女性のための支援団体「リスクのない快楽」の代表、ルツィエ・シドバさん(撮影日不明)。(c)AFP/RISK-FREE PLEASURE ORGANISATION

【2月15日 AFP】四肢の神経がまひする病気で5年前から車いすに座りきりとなっているチェコ人のトマス・ピク(Tomas Pik)さん(26)は、人生への渇望をまったく失っていない──。

 病気を患って以降、自らの性的欲求と向き合う際には性風俗産業に頼ってきたというピクさん。しかし、ピクさんが珍しい神経疾患である「フリードライヒ運動失調症」の患者であることを知ると、対応してもらえず、拒否されるケースも多々あったという。

 初めて症状が出たのは約10年前。「障害があると自信を十分持てないし、拒否されたときは、ものすごく落ち込む」と首都プラハ(Prague)でのAFPの取材で語った。同国では、いわゆる「売春」は違法ではない。

 しかしこのたび、断られる心配のない、障害者のための新たなサービスがチェコに誕生した。ここの「性的介助者」たちは、利用者の身体的な欲求を満たすことはもちろん、障害者が自らの性と向き合い、付き合っていくことを支援するための訓練も受けている。

 欧州連合(EU)で性的介助サービスを導入したのはオランダが草分けで、デンマークやフランス、ドイツ、スイスが後に続いた。EU内の旧共産主義国としては、人口1050万人のチェコが最初だ。

 性産業に携わる女性たちのための支援団体「Rozkos bez rizika(リスクのない快楽)」代表、ルツィエ・シドバ(Lucie Sidova)さんによると、スイスのパートナー団体から得たノウハウを基に、性的介助サービスを開始するまでには約2年を要したという。

 AFPとのインタビューで、「この国では障害者の性はタブーだ」と眼鏡越しに語るピクさん。性的介助者たちについては、顧客を確保するために活動しているのではなく、その利用者が恋人を見つける手助けをしてくれるのだと、ぎこちなく持つコップからコーヒーをすすりながら説明した。慈善事業のリサイクルショップで働く傍ら、性的介助者の利用を促すページをフェイスブック(Facebook)に立ち上げており、広く情報を発信している。

「性的介助者の仕事は、障害者に自分の性と関わる方法や、いわゆるアダルトグッズの使い方やマスターベーションの方法を教えることだ。そういったことを障害者に話す人は(他に)誰もいない」(ピクさん)


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>