【1月25日 AFP】白いチュチュに包まれているのはゆったりとしたウエスト――典型的なバレリーナとはほど遠いスタイルだが、バレエ「白鳥の湖(Swan Lake)」を演じるぽっちゃりバレリーナの動きは優美かつ繊細だ。>> 記事全文へ

【1月25日 AFP】白いチュチュに包まれているのはゆったりとしたウエスト――典型的なバレリーナとはほど遠いスタイルだが、バレエ「白鳥の湖(Swan Lake)」を演じるぽっちゃりバレリーナの動きは優美かつ繊細だ。厳格なダンスの伝統があるキューバで、こうした女性たちがクラシックバレエを演じ、そのサイズを活かして芸術的な美を生み出している。

 キューバは厳しい訓練を積んだスリムなダンサーで世界的に有名だが、国家栄養機関SISVANの2012年の調査によると、同国民の44%が太りすぎだという。

 ぽっちゃりバレエ団の団員の体重は総じて100~120キロほどだが、体重制限はない。かつては20人ほどの団員がいたが、現在は7人。辞めた者もいるが、2人は肥満関連の病気で亡くなった。

 肥満により仲間を失いながらも彼女たちは練習を重ね、1月半ばのある夜、ついにぽっちゃりバレエ団の3人が首都ハバナ(Havana)の国立劇場の舞台に立った。(c)AFP