トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

地中海でM6.1の地震、震源はモロッコ沖

2016年1月25日 14:19 発信地:ラバト/モロッコ

このニュースをシェア

地中海でM6.1の地震、震源はモロッコ沖
モロッコ北部アルホセイマ沿岸にあるスペイン領ティエラ島(2012年9月4日撮影、資料写真)。(c)AFP/ABDELHAK SENNA

【1月25日 AFP】モロッコとスペインの沖合の地中海で25日、マグニチュード(M)6.1の強い地震があった。米地質調査所(USGS)が発表した。

 USGSによると、地震が起きたのは午前4時22分(日本時間同日午後1時22分)ごろ。震源はモロッコ北部の都市アルホセイマ(Al Hoceima)の沖合62キロ、モロッコとスペインを隔てるジブラルタル(Gibraltar)海峡からは東南東に164キロの海域で、震源の深さは浅いという。

 USGSによれば、この地震の直後にM5.3の余震もあった。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>