トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

シリア国境のトルコ学校付近に迫撃砲、1人死亡

2016年1月18日 20:09 発信地:イスタンブール/トルコ

このニュースをシェア

シリア国境のトルコ学校付近に迫撃砲、1人死亡
シリア国境に近いトルコの街キリスの郊外にある監視塔(2014年1月15日撮影、資料写真)。(c)AFP/OZAN KOSE

【1月18日 AFP】トルコのシリア国境にある町キリス(Kilis)で18日、シリアから発射されたとみられる迫撃砲2発が学校近くに着弾し、少なくとも1人が死亡、3人が負傷した。

 トルコのNTVテレビは、キリスの全学校の生徒らが避難したとするハサン・カラ(Hasan Kara)市長の談話を伝えた。テレビ映像では、爆風で学校の1階の窓ガラスが粉々に砕けた様子がうかがえた。死亡した1人は学校の清掃職員だったという。迫撃砲が着弾したのは学校外の庭園だったとされる。カラ市長は「砲弾は南の方角から来たようだ」と述べた。

 人口10万人未満のキリスはシリアとの国境のすぐ北側に位置し、シリア北部アレッポ(Aleppo)県のアザズ(Azaz)とは10キロほどしか離れていない。

 このシリア側の一帯では先月、同国北部の広範な地域を制圧しているイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を巻き込んだ激しい衝突があった。トルコは、昨年を通じてこの周辺を支配し続けたISを国境地帯から追放するために努力していると述べている。(c)AFP/Stuart WILLIAMS

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>