トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

仏オルセー美術館で裸露出、女を逮捕 マネ裸婦画のポーズまねる

2016年1月18日 11:53 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

仏オルセー美術館で裸露出、女を逮捕 マネ裸婦画のポーズまねる
伊ベネチアで開かれた美術展で、エドゥアール・マネの絵画「オランピア」を鑑賞する女性(2013年4月23日撮影、資料写真)。(c)AFP/GIUSEPPE CACACE

【1月18日 AFP】仏パリ(Paris)のオルセー美術館(Musee d'Orsay)に展示されているエドゥアール・マネ(Edouard Manet)作の裸婦画の前で裸となり、この絵画に似たポーズをとって横たわった女が、公然わいせつの容疑で逮捕された。女の弁護士が17日、明らかにした。

 逮捕されたのは、ルクセンブルク(Luxembourg)のアーティスト、デボラ・ドロベルティ(Deborah de Robertis)容疑者。同美術館で開かれている展示会「壮麗と悲惨:娼婦のイメージ 1850~1910年(Splendour and Misery: Images of Prostitution 1850-1910)」を訪れていた来館者らの前で裸になり、娼婦オランピア(Olympia)を描いたこの有名なマネの裸婦画と同じポーズをとったとされる。

 弁護士は、ドロベルティ容疑者は「人々の反応を撮影するため携帯カメラを身に着けていた」と説明し、「芸術的パフォーマンスだった」と主張している。

 この裸婦画がスキャンダルに見舞われたのは、今回が初めてではない。鑑賞する人をじっと見つめる裸の女性を描いたこの絵画は、1865年に展示された際、物議を醸した。当時の芸術作品では妖精や宗教的または歴史上の人物を描くことが一般的だったが、この絵画は生身の女性である娼婦をはっきりと描いた作品とみられている。

 しかし、ドロベルティ容疑者による裸の露出は、少し生々しすぎてオルセー美術館の嗜好(しこう)には合わなかった。同美術館の広報担当者はAFPに対し、「絵画の前には人々が大勢いた。警備員らは正しく対応し、部屋を閉鎖し、彼女に服を着るよう頼んだ」「彼女が拒んだので、警察に通報して連行してもらった」と語った。

 ドロベルティ容疑者は2014年5月にも、オルセー美術館で展示されていた、女性器を間近で描いたギュスターブ・クールベ(Gustave Courbet)作の絵画「世界の起源(The Origin of the World)」の前で自身の性器をさらけ出し、物議を醸していた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>