トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

ブルキナファソ首都でホテル襲撃、少なくとも20人死亡

2016年1月16日 9:37 発信地:ワガドゥグ/ブルキナファソ

このニュースをシェア

ブルキナファソ首都でホテル襲撃、少なくとも20人死亡
1/3
ブルキナファソの首都のワガドゥグで、襲撃を受けたホテル「スプレンディッド」近くに展開した同国陸軍の兵士(2016年1月15日撮影)。(c)AFP/AHMED OUOBA

【1月16日 AFP】(更新)西アフリカ・ブルキナファソの首都のワガドゥグ(Ouagadougou)で15日夜、国連(UN)職員や欧米人がよく利用するホテルとレストランが襲撃を受け、現地の病院長によると少なくとも20人の死者が出ている。現場からは爆発音や銃声が響いており、フランス大使館は「テロ攻撃」との見方を示した。

 現場は、ワガドゥグの国際空港からほど近い繁華街で、四つ星ホテル「スプレンディッド(Splendid)」と向かいにあるレストラン「カプチーノ(Cappuccino)」。ホテル前の通りで約10台の車が炎上した。

 AFPの電話取材に応じた「カプチーノ」の従業員によると、正確な人数は不明だがレストラン内で複数の死者が出ているという。

 また、目撃者らによれば、全147室のホテル内には現在も襲撃犯が立てこもっており、治安部隊と撃ち合う銃声が散発的に聞こえるという。

 ホテルのあるクワメ・エンクルマ通り(Avenue Kwame Nkrumah)でターバンを巻いた男3人が発砲したとの情報や、ターバンを巻いたアラブ系か白人の外見をした襲撃犯4人を見たという目撃者の証言もある。

■アルカイダ系が犯行声明

 米テロ組織監視団体「SITEインテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)」によると、過激派組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」が、ホテルとレストランを襲撃し引き続き治安部隊と戦闘中だという犯行声明を出した。

 ブルキナファソ当局者は、今回の襲撃で死者に加えて人質に取られている人もいると明らかにするとともに、現在制圧作戦を検討中で、これには外国の部隊も参加する可能性があると述べた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>