トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

就任翌日に殺害された市長、家族守って犠牲に メキシコ

2016年1月6日 15:06 発信地:テミスコ/メキシコ

このニュースをシェア

就任翌日に殺害された市長、家族守って犠牲に メキシコ
1/7
就任翌日に殺害されたメキシコ・モレロス州テミスコ市のギセラ・モタ市長の葬儀で、墓地へひつぎを運ぶ支持者や遺族(2016年1月3日撮影)。(c)AFP/Tony Rivera

【1月6日 AFP】メキシコの首都メキシコ市(Mexico City)の南方にあるテミスコ(Temixco)市で、新市長(33)宅に武装集団が押し入ったとき、市長は家族に手を出すなと言い、自らを差し出した。目撃者が回想して語った。

 土曜の朝、覆面の武装集団が壁を飛び越え押し入ったとき、両親と同居していたギセラ・モタ(Gisela Mota)市長はまだ寝間着姿だった。家には、独身のモタ市長本人とその両親、生まれたばかりのおいがいた。モタ市長の母親は、幼い孫に与えるミルクを用意しているところだった。

 母親のフアニタ・オカンポ(Juanita Ocampo)さんによれば、襲撃者たちが市長の家族らを殴りつけると、モタ市長は「彼らが他の者を逃がすように、自分の身を差し出した」という。オカンポさんは記者団に「私は彼らに、私を殺したいのならば、最初に殺しなさいと言った。ところが、彼女(モタ市長)が『私がギセラよ』と彼らに言った。彼らが彼女を連れて行けたのは、彼女がとても勇敢だったからです」と述べた。

 殺し屋たちは市長を寝室から連れ出し、居間に連れて来て、彼女の両親の目の前で殺した。市長の父親は死にもの狂いで殺人者たちの後を追いかけた。

■メキシコ全土の自治体に迫る脅威

 モタ市長殺害は、麻薬カルテルの抗争や市民の誘拐・恐喝など、メキシコ全土の市長が直面する脅威とモレロス(Morelos)州をのみ込んでいる暴力の悲劇的象徴となった。

 メキシコ市から2時間ほどのテミスコ市は人口10万人、観光と保養で知られている。中道左派のモタ氏は、同市の犯罪抑制を公約としていた。だが、モタ氏は市長就任の翌日、同市にはびこるギャングの凶弾に倒れた。当局は麻薬ギャング組織「ロス・ロホス(Los Rojos)」による犯行だとしている。

 質素な地区の中で、モタ氏の家は目立っていた。殺害される日の前日、モタ氏は音楽と踊りで市長就任を祝っていたと近所の人たちは振り返った。「翌朝、6発の銃声が聞こえた。花火だと思った。だが、ギセラが殺されたという叫びが聞こえた」。近所の男性(48)は、7人の武装集団が車でやって来たと語った。

 市長殺害後まもなく、警察は銃撃戦で容疑者2人を殺害し、少年(17)と女(32)を含む容疑者3人を拘束した。

 モレロス州のグラコ・ラミレス(Graco Ramirez)知事は、ロス・ロホスがモタ市長を殺害した理由について、州警察と自治体警察を「統一した指揮」下に置くという同知事の計画が論争を呼んでいる中、計画を支持する他の市長たちへの警告としてモタ氏が殺されたと語った。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>