トップ > 環境・科学 > IT

ツイッター、文字数制限を1万字に拡大か 3月導入を検討と米報道

2016年1月6日 9:34 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

ツイッター、文字数制限を1万字に拡大か 3月導入を検討と米報道
米ニューヨーク証券取引所の正面に飾られたツイッターのロゴ(2013年11月7日撮影、資料写真)。(c)AFP/EMMANUEL DUNAND

【1月6日 AFP】米マイクロブログのツイッター(Twitter)が、投稿メッセージの文字数制限を従来の140文字から1万文字まで拡大することを検討していると、米ITニュースサイト「Re/code」が5日、報じた。導入時期は早くて今年3月という。

 ツイッターが10年間続けてきた140文字の制限は、当初使用されていたメッセージングソフトの性能に基づいて設定されたものだった。この制限は多くの人をいら立たせた一方で、ネット上に超簡潔なコメントをあふれさせる結果となった。

 Re/codeによると、ツイッターはすでに、送受信ユーザー間でしか見られないダイレクトメッセージ(DM)では文字制限を1万文字まで拡大しているため、技術的な障害はもはや存在しない。

 新仕様でも最初に表示されるツイートは従来通り140文字までだが、クリックすれば残りの部分が読めるよう検討しているという。

 ツイッターのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)最高経営責任者(CEO)は自身のツイートで、1万文字への文字制限拡大計画を認めるのを避けつつも、同社は「ツイッターにより多くの実用性と能力を持たせるのをためらうことはない」と語った。(c)AFP

IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>