【1月6日 AFP】ドイツ西部ケルン(Cologne)で昨年の大みそかの夜、数十人もの女性が一斉に痴漢や性的暴行を受けたとみられる事件が発生し、「アラブ系の男の集団」による犯行が疑われている。同国の閣僚らは動揺をあらわにする一方で、事件が反移民感情の扇動に利用されないよう警鐘を鳴らしている。

 事件は昨年12月31日、ケルン中央駅とゴシック建築で有名なケルン大聖堂付近で、大みそかのお祭りムードでにぎわう群衆の中で発生した。痴漢行為をはじめ、性的暴行を受けた事例も少なくとも1件あったという。

 同市警察は5日までに、90件の被害届を受理。目撃者らの話として、「アラブ系か北アフリカ系の外見をした」20~30人の若い男の集団が女性らを取り囲んで暴行を加え、さらに所持品を強奪された人もいたと発表した。被害者には女性の私服警官1人が含まれていたという情報もある。同市警察署長は記者会見で、「さらに多くの被害者が名乗り出るとみている」と語った。

 アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相はこの「不快な」事件の徹底調査を要請。シュテフェン・ザイバート(Steffen Seibert)政府報道官はメルケル首相が、「できる限り多くの容疑者をなるべく早く見つけ出し、法の裁きを受けさせるために全力を尽くさなければならない。容疑者の出自や経歴は関係ない」と語ったと伝えた。

 またハイコ・マース(Heiko Maas)法相は、難民による犯行なのかという記者の質問に対し、容疑者らはまだ特定されていないことを指摘し、「出自ではなく、行為が問題だ」「その点ばかりに着目し、難民問題とひとまとめにして捉えるのは、(事態の)悪用に他ならない」と述べた。

 一方、3月に行われる3つの地方選で議席増加を目指す右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は今回の事件について、「入国管理が甘いせいだ」と糾弾した。

 地元日刊紙ケルナー・シュタット・アンツァイガー(Kolner Stadt-Anzeiger)は、容疑者らの多くは同駅周辺で多数起きていたすりや強盗事件ですでに警察がマークしていた人物らだと報じている。(c)AFP/Deborah COLE