トップ > ライフ > ライフ

港に迷い込んだダイオウイカ、ダイバーの誘導で沖へ 富山

2015年12月31日 10:54 発信地:東京

このニュースをシェア

港に迷い込んだダイオウイカ、ダイバーの誘導で沖へ 富山
1/2
富山県の港に迷い込んだ巨大イカ。木村昭信さん撮影、ダイビングショップ海遊提供(2015年12月24日撮影、同30日提供)。(c)AFP/AKINOBU KIMURA/DIVING SHOP KAIYU

【12月31日 AFP】富山県の港に迷い込んだ体長4メートルの巨大なダイオウイカ──イカは24日、地元の漁師たちによって発見されたが、同日後刻に、ダイバーの誘導で沖へと戻っていった。この巨大生物を一目見ようと、港には見物客や専門家らが大勢詰めかけた。

 イカを誘導したのは、地元でダイビングショップを経営する木村昭信(Akinobu Kimura)さん。木村さんは、「吸盤がしっかりしたイカだったので、ペキペキくっつくと痛くて痛くて。(港から)逃がしてあげようと誘導しているのに、体に絡みつくわ腕にしがみつくわ…」と、テレビ朝日(TV Asahi)のインタビューで語った。

 ダイオウイカが漁網にかかることは時々あるが、生きている姿が撮影されるのは珍しいという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>