トップ > ライフ > ライフ

米精神科医R・スピッツァー氏死去、同性愛を精神疾患から除外

2015年12月30日 11:48 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

米精神科医R・スピッツァー氏死去、同性愛を精神疾患から除外
同性愛者の権利獲得を訴えるデモ。ギリシャ・アテネで(2015年12月22日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/LOUISA GOULIAMAKI

【12月30日 AFP】精神疾患の診断基準作成に貢献し、同性愛を精神疾患のリストから外したことで高く評価されている、米精神科医のロバート・スピッツァー(Robert Spitzer)氏が25日、心臓病に伴う合併症のため米シアトル(Seattle)で死去した。83歳だった。妻のジャネット・ウィリアムス(Janet Williams)さんが米紙ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)に語った。スピッツァー氏は、パーキンソン病も患っていたという。

 スピッツァー氏は1970年代、精神医学界で主要な診断基準とされている、米精神医学会の「精神障害の診断と統計の手引き(Diagnostic and Statistical Manual of Mental DisordersDSM)」の改定において重要な役割を果たした。

 フロイト(Freudian)派の精神分析に基づく分類よりもさらに厳しい基準を用いて、精神疾患とされる多くの行動を再定義するなど、複数回のDSM改定で同氏は革命的な役割を果たした。

 1970年代までDSMで精神疾患に分類されていた同性愛は、スピッツァー氏の主要研究テーマの一つだった。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>