トップ > ライフ > ライフ

世界最大の幽霊船団、保存活動進む 米メリーランド州

2016年1月18日 21:01 発信地:ナンジェモイ/米国

このニュースをシェア

世界最大の幽霊船団、保存活動進む 米メリーランド州
1/14
米東部メリーランド州ナンジェモイ近くにあるマローズ湾で、朽ち果てつつある第1次世界大戦の廃船の残骸(2015年11月17日撮影)。(c)AFP/LOIC HOFSTEDT

【1月18日 AFP】米中部を流れるポトマック川(Potomac River)の中ほどにある静かな入り江を、ドン・ショメット(Don Shomette)さん(72)は年季の入ったカヌーでこぎ進み、泥だらけになりながら岸に上陸した。

 幾度となくたどった道のりだが、朽ち果てつつある第1次世界大戦(World War I)の廃船の山をめぐると、自分がなぜこのマローズ湾(Mallows Bay)に繰り返し戻ってくるのか、その理由に改めて気付かされる。「大規模な破壊戦争に加わった船舶が今、再び自然に帰ろうとしているとはなんとも皮肉な話だ」と、ショメットさんは話す。

 ここに打ち捨てられている木造の蒸気船185隻余りは、米国が第1次世界大戦に参戦した1917年に就役した。しかし、ドイツが降伏するまでに大西洋(Atlantic)を横断した船は一隻もなかった。

 そして米議会の調査でこれらの船は設計に問題があり、多額の保守費用がかかることが分かると生産中止に。部品を使おうと廃船会社が購入し、首都ワシントン(Washington D.C.)から南に車で1時間の位置にある同湾まで運んだ。だが、この会社が1931年に世界大恐慌(Great Depression)の打撃を受けて倒産すると、湾の浅瀬でゆっくりと朽ちるに任せられることになった。現在、一般の目に触れる場所にある歴史的な船舶群としては西半球で最大規模だ。

 メリーランド(Maryland)州出身のショメットさんがマローズ湾を最初に訪れたのは10代の頃。その後、10年をかけて船舶のデータを収集・分析し、それぞれの船について詳細に説明した500ページの記録をまとめた。

 森林に覆われたこの入り江は魚や鳥、シカ、ビーバーなど多くの生物種が生息する。ショメットさんは船のとがった部分に止まるハクトウワシも見たことがあるという。ある非営利団体はマローズ湾の国立海洋保護区指定に向けた取り組みを進めている。(c)AFP/Katharine SCHUBAUER

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>